太陽光発電の制度について知っておけばタイミングがわかる

サイトマップ

トップバナー

補助金制度

太陽光導入の為の設工事業が活発に

太陽光発電を普及させる事と、地球温暖化を防ぐ為に、多くの方に注目してもらう為に、補助金制度を作成しました。日本にある全ての屋根に、太陽光発電をとりつけるという考えです。もちろん、補助金制度を受ける事によって、太陽光導入の為の設工事業が活発に行われる事にもつながるのです。

業者に手続を任せるのもあり

産業育成も行われています。住宅用の太陽光発電導入の為の、補助金制度について説明いたします。補助金制度は、毎年予算が設定され、その予算がなくなった地点で終了となるのです。少し身勝手な制度だと感じると思います。多くの方が太陽光パネルの設置に踏み切っています。

分かりやすい制度で言うと、エコカー減税と似たような補助金制度なのです。補助金制度を利用する為には、事前に申請が必要になるのです。更に、太陽光発電設備の規模も関係してくるのです。詳しいことは、施工事業者が知っていると思うので、業者が決まれば、業者に手続を任せるのもありだと思います。

設置がしやすい設定

ポイント

太陽光発電の設備工事をする際には、設定条件によって、普通よりも多くの費用が必要になる事があるのです。こういった際には、設置工事費控除や離島設置対策費控除等を受ける事も可能なのです。ここまで、設置がしやすいような設定がされているのです。

補助金をもらったとしてもある程度の金額を負担
太陽光パネル

また、補助金をもらったとしてもある程度の金額を負担しなければなりません。それ をローンで払っていく形になります。太陽光発電設備の設置をすれば、10年間は保証されるので、売電価 格も定額保障となります。太陽光発電の設置をするのであれば、今が狙い時だと私は思います。 もちろん県によっても条件などは違いますので、調査の必要はありますが、調べてみる価値があるのは間違いありません。

太陽光の補助金の基礎知識