太陽光発電の補助金申請は個人でも出来ることを理解しておきましょう

サイトマップ

トップバナー

太陽光発電と補助金

補助金の申請は個人でも可能

家庭だけではなく、企業においても、太陽光発電設備を導入する事によって、国からの補助金を受ける 事が可能なのです。その為に、補充でも太陽光を設置する所が増加しているのです。補 助金の申請は、個人でも可能となっているので、設置するスペースを持っている人にとっては、有効活 用につながるのです。大きなスペースがなくても太陽光を設置してみると以外に大きな電力を得られることが わかります。電気代がタダになる、というのも当たり前の時代になっているのです。

補助金申込書を申請する

平成25年度における、補助金手続きの流れについて、ご紹介いたします。他の年度も同様なのですが、補助金制度が終了する事を考え、早目の設備の導入を考えている人がとても多くいるのです。まず、補助金申込書を申請するのです。この書類の提出が遅れると無効になるので、注意が必要になります。

書類が受理されると、その旨の通知が送られます。この地点では、工事がおこなわれていません。そして、設置工事中には、各階段で証拠となる写真をとらなければならないのです。工事期間は7ヵ月以内となっています。よほどの事がない限りは、7ヵ月以内と定められた期間を過ぎる事はありません。

工事終了

ポイント

電力系統の接続が終了すると、補助金交付申請書を提出するのです。これは、工事完了報告書も含まれています。更に、補助金交付決定通知書が送られてくる事によって補助力が受領されるという手順になっています。ですが、全てを自分、個人で行う必要はないので、ご安心してください。

設置を持ちかけてきた工事業者が手続きを進める
夕日

一般的には、設置を持ちかけてきた工事業者が手続きを進めてくれると思います。何の知識もない 状態の人に、あれをやれ、この手続きが必要だといわれても、ちんぷんかんぷんだと思います。太陽光発電が稼働し始めたのであれば、 基本的に、長い間メンテナンスを行わなくともよいとされています。メンテナンスは費用もかかりますので、できればメンテナンスが少ない太陽光パネルを 選ぶとよいでしょう。売電できる、という点もあり住宅を販売する際などにも特典になるのでお得になります。 電気代が浮く、というより電気が余るほどなのです。

太陽光の補助金の基礎知識