メーカーにより異なる点があることを理解しておきましょう

サイトマップ

トップバナー

太陽光は効率的

同様の光でどれほどの電気を作り出す事が可能なのか

太陽光発電の補助金が支給される事によって、多くの人が太陽光に関心を持ち初めているのですが、これから太陽光を導入しようと思っているのであれば、メーカーによって異なった点を理解しておくことが大切になります。太陽光の効率とは、同様の光でどれほどの電気を作り出す事が可能なのかという事です。

使用しているパネルによって効率に違いが出てくる

太陽光発電のメカニズムは、メーカーによる違いはないのですが、使用しているパネルによって、効率に違いが出てくるのです。太陽光を行う部分を太陽光モジュールと呼ばれているのです。1番良いとされているのは、東芝のモジュールで変換効率19%とされています。

たったの19%かと感じた人も少なくないと思います。ですが、現代の技術では、これくらいの数字がちょうどいいとされてい ます。また、これから先、効率のよいモジュールが販売される事も否定はできませんが、それを持っていたとしても、 補助金制度がなくなる事が考えられます。ですので、太陽光をの補助金をもらって太陽光を設置しようと思っていらっしゃる方は 今のうちに検討を始めてみたほうがよいといえるでしょう。

パナソニック

ポイント

パナソニックのモジュールが18%です。太陽力を考える際には、パネル単体の発電効率も大切になるのですが、同時に、設置面積も必要になります。効率が悪いと感じても、面積を広くとれば、効果的に発電量を増やすことが可能になるのです。発電効率が高ければ高い程、高値になるのです。

補助金は一時的な物
一般住宅

太陽光発電設備を導入する際には、初期投資を何年で回収する かを考える事が重要となります。補助金は一時的な物なので、それをあてにしすぎて はなりません。あくまで、少しの支えとして考える事が大切になります。また、こ れからの時代はどういった変化をするかわからないのです。あなたの生活で無理 のない程度のものを選択しましょう。毎月の電気代は安くなり、助かりますが、 導入費用の返済を考えて、家計にひびかないかどうかしっかり検討する必要があります。 いくら節約のためとはいえ、それで家計が苦しくなっては意味がないです。長い目で、とはいっても今も大事なことは 忘れないでおきましょうね。

太陽光の補助金の基礎知識