導入者が増えてくると設備価格も低下することを理解しておきましょう

サイトマップ

トップバナー

太陽光設置費用

設置費用がどの程度必要であるかを理解していない

一般の人で太陽光発電システムを何度か導入した事がある人は、ほとんどいないと考えられています。それは、設置費用がどの程度必要であるかを理解していない事が理由だと考えられます。これから導入を考えた際には、しっかりと情報を集める事が重要になります。

電気の仕様によって異なる

国や自治体の補助金を見逃してはなりません。きちんと手続きをする事によって、補助金を確実にもらう手段をとりましょう。もちろん、施工業者も補助金や手続きを十分に理解しているので、理解できる施工業者を選ぶ事が可能です。初期費用は大体の10年程度で回収する事が可能です。

ですが、設置する為の太陽光発電システムの規模や、電気の仕様によって異なると言われています。ですが、条件が悪くとも最低でも15年以内では回収する事が可能となっています。導入費用の目安として、経済産業省の指針となっています。1kw当たり、55万円と考えられます。

導入は早目に

ポイント

国の補助金学から逆算した数字なのですが、国としては、これくらいの導入費用を考えている結果を把握する事が出来ると思います。ですが、導入者が増えていく事によって設備価格が下がっていくのです。なので、数年先の設備価格は、今よりもっと下がっていると考えられます。

買い取り価格が設定されている
緑のカーテン

太陽光は持つべきだと、考えられるのでしょうか。太陽光はもっと持 つべきなのでしょうか。太陽光発電で余った電気を売電する事も可能ですが、買い取り価 格が設定されています。導入価格が下がる事によって、買い取り価格が下がっていくの です。導入を決めたのであれば、早目に取り掛かる事をお勧めします。 ただし、どの会社と契約を結ぶか、という部分に関しては慎重に数社から話しをしっかり 聞いてから導入されることをお勧めします。時間がかかってしまいますが、業者から急がされても 決して急がない事が大切です。

太陽光の補助金の基礎知識