太陽光の補助金制度の基礎知識をしっかり頭に置いて行動しましょう

サイトマップ

トップバナー

太陽光発電と補助金

現在、とても注目を浴びている太陽光を利用する事によって、補助金が得られるという基礎知識を知っていますか。ここでは、太陽光の補助金の基礎知識についてご紹介致します。まず、太陽光の最大のネックとなっているのは、導入に必要な費用である事を基礎知識として覚えておきましょう。

太陽光の設備を設置する際に、必要となる費用は、とても高いというイメージが強くある事も基礎知識です。ただ、太陽光の全ての負担を消費者に追わせない為に、設定されいる補助金がある事を基礎知識として覚えておきましょう。採算を考えている人にとっては、大きな後押しとなるでしょう。

笑顔の太陽

補助金の例

太陽光の発電装置を設置して、補助金を受ける為には、“J-PEC一般社団法人太陽光発電協会太陽発電普及拡大センター”に申請しなければならない事を基礎知識として覚えておきましょう。一般家庭の太陽光設置による補助金の例を挙げると、平均的には、3.5kWが基準となり、補助金は10万円程度だといわれているのも基礎知識です。

ソーラーパネル
地方自治体からの補助金

太陽光に必要な設置費の5%程度を補助金としてくれる形である事を基礎知識として覚えておきましょう。高い設置費を払い、太陽光を設置したのに、補助金が安いと思っている方も多くいると思います。ですが、国だけの補助金ではなく、地方自治体からの補助金を受けることが可能だという事も太陽光の基礎知識です。

その2必要な設置費

パネルに寝そべる太陽

太陽光設置の費用はのちのち補助金で賄えると、どこを見ても書いてあるようですが、基本的な設置費がどれほどかかるのか疑問に思っている方が多いのも基礎知識です。また、採算をとるのであれば、高すぎる設定をしても意味がないのです。メーカー、種類、太陽光のパネルの枚数によって異なる事を補助金の基礎知識として覚えておきましょう。

補助金の制度

去年の国の太陽光の補助金の制度ですが、1kW55万円以下と設定されているのが基礎知識なので、1kW55万円で、一般家庭に近い3.5kWのシステムを取り付けたとして考えてみましょう。式は、55×3.5=192.5という答えになります。という事は、この場合の太陽光の設備費は、192万5千円という計算になる事を補助金の参考になる基礎知識として知っておきましょう。

太陽光に、200万円の設備費がかかったとします。すると、国から得られる補助金は、10万5千円を得る事が出来るというのも基礎知識です。また、東京中央区であれば、太陽光の設置費のうち35万円、区から35万円の補助金を得る事が可能なのも基礎知識です。なので、太陽光を付ける事によって、80万5千円の補助金を得る事が可能になるというのも基礎知識になります。

豊富に発電出来、電気を売電出来る

ポイント 豊富な太陽光のパネルをとりつける事によって、値段は高いのですが、補助金 を含めなくても発電効率の高いパネルを取り付ける事で、豊富に発電出来 、電気を売電出来るという事を基礎知識として覚えておきましょう。です が、太陽光の補助金を得る為に、初期費用を大きな物にしてしまうのは、 否めません。比較していきながらじっくりと決めなければならないのも基礎知識に なりますが、最近の家ではこれを初めから導入し、電気代を余らせて売っているという 家庭も多いので、長い目でみれば損をすることはないシステムである、といえるでしょう。 関東ではこの太陽光を導入している家も多く、かなり普及率が高いですが、地方ではまだまだ低いのが現状です。 どうしても制度的な問題もあり、遅れが何年単位で生じてしまい都会と地方での導入速度に大きな違いがでるのが問題視されています。

その3太陽光で採算をとる

ガッツポーズ

太陽光の発電を設置した事で、採算をとれるのかという点についてご説明致します。一般家庭で多い、3.5kWシステムで、年間3500kWh作成したとして、年間14万7千円という計算になる事を基礎知識として覚えておきましょう。大体、15万円として、10年で太陽光の設備費に対して150万円の補助金がもらえる事も基礎知識です。

大体8割を売電に回す事が可能

また、太陽光は昼間留守の家庭であれば、大体8割を売電に回す事が可能であるという基礎知識を知っておくと得をします。太陽光によって電気代が節約でき、さらなる利益になり、補助金もあるのです。買う電力の値段は、売る電力の半分なので、太陽光を取り付ける事によって、大体の家庭、企業はコストカットに繋がるというのも基礎知識です。

太陽光によって得られる補助金を断言することは、難しい事を基礎知識として覚えて置きましょう。条件は、それぞれバラバラなのです。電力の使用量、土地の日照時間、初期費用額、各自治体の補助金、保障が切れたのちの故障等が関係してくる事を太陽光の補助金の基礎知識として知っておかなければなりません。

すべての補助金をもらえない事もあるかもしれない

ポイント 太陽光を設置しても、予測通りにすべての補助金をもらえない事もあるかもしれない、というのも基礎知識として必要なのです。投資の為の太陽 光発電だと補助金をもらえず、割りに合わない可能性がある事を基礎知識として覚えておきましょう。ですが、確実にエコになっ ていると考えられます。太陽光を設置する事によって、補助金がもらえず、採算が得られない事がわかったとしても、地球の 為になっているので、それは大きなプラスになっているのも基礎知識として必要です。エコブームが追い風になって太陽光を利用する人たちも 増えています。採算が合うか、合わないか、という部分も非常に大切ですが、地球のことを考える事が必要なのも基礎知識です。 かなり大規模な考えになるので、ピンとこない人の方が多いと思いますが、これから子供、孫のことを考える なら必要なことです。自分だけよければ、それでいい、という考え方はもはや今も、将来も通じません。自分が損するだけなのです。 関東などでは企業はほとんど太陽光を利用しており、地方になるほど利用していない傾向にあります。太陽光は災害の際にも電力会社が 使用不能になったとしても、自家発電で電気を確保できれば消防や警察が遠い地方でも災害に強くなれるので特に地方での 太陽光導入は大切です。

その4売電価格

住宅

もう既に、太陽光を設置している方は、補助金についても、売電価格の基礎知識についてもご存じだと思います。ですが、これからつける方にとっては、太陽光は未知の世界ですよね。太陽光の電力の売電価格の基礎知識を分かりやすくご説明いたします。補助金に加えて、2009年11月に、家庭で余った電力を、10年間買い取ってくれる余剰電力買取制度が始まったことをまず基礎知識として知りましょう。

更に、2012年7月から、紗姿勢可能エネルギーの固定買い取り制度によって、昼間に太陽光で発電した電気を売 電して得る事の出来る売電収入が増え、回収期間も従来の20年から10年~15年に短縮していった事を太陽光の基礎知識として覚えておきましょう。そ れと同時に、補助金も少し減っていきました。10~15年に回収期間が短縮されたメリットがある代わりに、デメリットとして、太陽光設置のメリット である補助金が若干減ってしまったのです。このようにかなり状況が変わりますので、しっかり今と昔を比べるもの ポイントです。ちょっとしたミスで何十万円も損してしまう事もあるのです。時とともに補助金も変わりますので、常に新しいデータを 仕入れて比較するようにしましょうね。

電力会社へ受給契約申請をした人が対象

太陽光で発電された電力を買い取る、買い取り制度にも申込みがあり、現在定められている1kWhあたり38円という数字は、平成26年3月末までに、電力会社へ受給契約申請をした人が対象となっている事を基礎知識として覚えておかなければなりません。

太陽光の売電価格や補助金が変更になる可能性

ポイント 先にご紹介いたしました期間以降は、太陽光の売電価格や補助金が変更になる可能性がと ても高い事を基礎知識として知りましょう。また、太陽光による余剰電力の買い取りは 、太陽光発電システム10kW未満でしか行われていないのも基礎知識です。回収期間はご 家庭の条件によって異なる事を覚えておきましょう。それぞれの家庭によって異なるので、あらかじめ 導入の際に調査しておくことをお勧めいたします。決めてから実は自分の家には太陽光がつけられない、 といったケースも稀ではないのです。国が補助しているとは言っても、最初の段階では自分での調査が必要です。 多くの事を教えてもらえる事柄ではなく、どちらかと言うと自分で調べないといけないことのほうが多いです。 人任せでは絶対できない項目も多いのでよく勉強しましょう。この点はお金を払って任せているとかいないとか いう問題ではありませんので自己責任になります。

その5補助金の上手な利用

日本地図

太陽光を設置する事で得られる、補助金の上手な利用方法の基礎知識についてご紹介致します。各都道府県によっては、補助や融資等の制度がある事もあるのです。例えば、北海道では、太陽光で1kW当たり3万円の補助金が得られる等、地域によって異なった設定がされている事を太陽光の基礎知識として知りましょう。

太陽光による環境対策が重要とされている

また、予算の範囲内で3年間にわたり、太陽光による余剰電力に応じた助成等、地域によってその補助の形や、太陽光の補助金が異なる事も基礎知識です。更に、補助金制度を行っていない自治体もあるのですが、太陽光による環境対策が重要とされている現在で、制度が始まる可能性は十分にあるのも基礎知識です。

ポイント 太陽光でも都道府県の補助金が得られない場合でも、住んでいる市区町村によって、太陽光をつけた事による補助制度が得られる可能性がある事も基礎知識です。これがあるのとないのでは、かなり大きな差が出るので、太陽光を設置する事で特をしたいのであれば、このような地域による補助金の基礎知識についても知っておかなければなりません。

パネル等を作成している会社や、セールスマンに相談してみるのが良い

太陽光の補助金の額を調べる為には、インターネットのサイト等も便利な のですが、本格的に正しく、信頼できる結果を得る為には、太陽光のパネル等を作成して いる会社や、セールスにいらした方に相談してみるのが良いのも基礎知識です。現在の太陽 光の補助金の額、どの程度得られるのかを数字にしてわかりやすく説明してくれる事を太陽 光の補助金の基礎知識として知り、是非活用しましょう。やはり、しっかりと理解するにはネットだけでは 情報が足らないのです。ネット社会とはいえ、本当の情報は実際に聞いてみる必要がある事も覚えておきましょう。 特に情報が移り変わりするものはどれが最新情報なのかをしっかり知っておく必要があるのです。 メールマガジンなどで各県の情報などを流していますので、それに登録しておけば、お得な情報や最新情報を 常に得ることができます。あまりとりすぎるとどれがどれかわからなくなるので、厳選したものを読むようにしまし ょう。読んでいてすぐに飽きる物は解除して、それなりに読める物に絞っていくとよいです。 沢山の種類の情報があるので、全部を読む必要はありません。自分が必要な知識に絞って情報を収集しましょう。

その6エコキュート補助金

強い日差し

エコキュートで太陽光発電を設置する事によって、補助金が得られるという基礎知識について、ご紹介いたします。まず、エコキュートは、省エネ効率がとても高く、環境保安に効果的な設備として、国から補助金交付対象に認定されている事を太陽光の基礎知識として覚えておきましょう。

一部の自治体も、太陽光発電エコキュートに対して、補助金の支給をしている事も基礎知識になります。エコキュートの太陽光を設置する事で得られる、補助金単価は、家庭用システムで、一律4.2000円となっているのも基礎知識として覚えましょう。また、期間内に、原則先着順で申込み合計が予算額に達した際、その日から2営業日後の日を持って締切となるのもこの太陽光の補助金システムの基礎知識になります。

補助金を得る為の応募要項

エコキュートの太陽光発電を設置し、補助金を得る為の応募要項は、エコキュートを購入した使用者が申し込む事、補助金の交付の対象になっている商品を設置している事、エコキュートの設置前に申込み、受理の確認後に設置する事、設置工事完了期限、報告書類提出期限を守る事、国庫補助金とかぶらない事等が、要項としてあげられる事を基礎知識として覚えておきましょう。

地方自治体の補助金

ポイント エコキュートの太陽光を設置する事で得られる地方自治体の補助金は、東京板橋区では、80.000円の補助金、豊島区では、50.000円の補助金と決まっている 事を基礎知識として知りましょう。自治体によって、太陽光の補助金が変わることがあるのも基礎知識です。ですので、ある程度前もって、どれくらいの 額の補償金がでるか確認必要しておく必要がります。友人が別の地区にすんでいて、その人から聞いた額とずれることもあるからです。 太陽光をこれから設置しようと思っている 方に、ここでご紹介いたしました、太陽光の補助金の基礎知識がお役に立てば幸いです。